化粧品の国内販売

化粧品

代行業者を使うメリット

化粧品を日本国内で販売したい場合には、法令に則ってさまざまな手続きを行わなければなりません。そもそも化粧品には製造販売と小売が存在しており、製造販売は文字通り化粧品を作って小売業者に販売することで、小売はお店などで顧客に販売するものです。特にハードルが高いのが製造販売で国内で生産するためには、化粧品製造販売業許可を取得し、製品ごとに化粧品製造販売届けが必要です。一方で海外から輸入するにしても化粧品製造販売業許可と製造業許可が必要で、さらに輸入品目ごとに化粧品外国届け、化粧品製造販売届と化粧品輸入届けを行わなければなりません。もちろん、これらは法令を守って行えば難しいものではありませんが、事業として行う場合にはそのために人員を配置しなければなりません。そのような時に便利なのが化粧品輸入代行業者です。化粧品輸入代行業者は輸入代行業者の中でも化粧品に特化しているのが特徴です。化粧品輸入代行業者を利用するメリットとしては煩雑な手続きのすべてを代行してくれるため、企業としては販売に専念することができます。化粧品輸入代行業者の選び方としてはコストとサービスです。基本的には輸入に関する作業を行うので、どの代行業者も仕事内容は同じで、そうなると価格が選ぶポイントになります。一方で化粧品輸入代行業者は外国企業との取引も盛んに行っているので、例えば目的の化粧品を探してもらったり、海外で化粧品の製造を依頼するといったさいの仲介も行ってくれるところもあります。

Copyright© 2018 不織布を活用した商品展開例【様々な分野で使われています】 All Rights Reserved.