回収リスクのない販売を

女性

在庫管理も依頼が可能

薬機法に違反をすると、日本国内では化粧品を販売できません。この薬機法は、海外から輸入した化粧品も対象です。販売後に違反が判明した場合には、速やかに回収する必要があります。回収に莫大な資金がかかる上に、化粧品の購入費を溝に捨てることになります。海外から化粧品を輸入し販売しようとお考えの企業や店舗は、化粧品輸入代行サービスを利用しましょう。化粧品輸入代行サービスとは、海外製の化粧品の輸入に関わる全ての業務を代行するものです。処分や成分の確認を事前にしてくれるため、薬機法に適合する化粧品のみを輸入できます。また、発注も代行してくれるため、言葉の壁にぶつかることはありません。海外各国の商習慣に精通しており、トラブルなく日本に輸入してくれます。輸入後の加工や物流の相談もでき、ワンストップで必要なサポートを受けられます。仕入先国は先進国だけではなく、新興国にも対応しています。さらに、少量の輸入も可能なため、小規模の店舗でも利用が可能です。化粧品輸入代行業者を選ぶ際には、荷揚地を比較するといいでしょう。企業や店舗に近ければ近いほど、化粧品が日本に到着後の輸送代を抑えられます。また、倉庫での保管や在庫管理、出庫も依頼される場合には、倉庫管理システムの確認も必要です。化粧品を販売後に迅速に顧客に商品を届けてこそ、顧客満足度が高まります。化粧品輸入代行業者の中には、高品質の倉庫管理システムを完備しています。輸入だけではなく流通も考慮し、最適な業者を選びましょう。

Copyright© 2018 不織布を活用した商品展開例【様々な分野で使われています】 All Rights Reserved.